読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いしがめハウス

主にベースギターや宅録に関する話題と日々の雑記

Studio One3 ソングファイルが開けない

 ちょっとした映像にBGMを付ける必要が生じ、せっかくだからとStudio One3を使って1曲作ってみようと取り組んでみました。ドラムとキーボードはMIDI入力して、ベースとギターは自分が弾くことに。

 まず、ざっくりとした曲の構成を作ることにして、Studio Oneの中に立ち上げたToontrack社のソフト音源EZ Keyのコード機能で進行を大まかに作り、Studio OneのシンセトラックにMIDIで貼り付けました。こうすることで曲の構成が大まかにわかるようになり、ドラムを入力したりマーカーを入れたりするのが容易になります。Cubaseだとコードトラックなんてはじめか搭載されている機能で、EZ Keyよりももっと柔軟に同じことができるんでしょうが、EZ Keyのコード機能だけでもなかなか便利です。

 ドラムのMIDI入力をして、ピアノやキーボードなどの鍵盤楽器を入力した後、ベース、ギターの順番で録音していきました。土曜日の午後からはこれらの作業を始め、ギターの録音は日付が変わる頃に差し掛かり、キリのよいところで中断して就寝。

 翌日曜日、朝食を食べて、いざ昨夜の続きの録音をとStudio Oneを立ち上げ、保存したソングファイルを開こうとうすると・・・・何とフリーズします。気を取り直してパソコンを再起動し、もう一度挑戦しますが・・・またフリーズ。この再起動、ソングファイルを開く、フリーズというのを4、5回繰り返し、一向に開けないので昨日の作業結果をすべて失ってしまうのかと呆然とするわけですが、8時間の作業を簡単に諦める訳にはいきません。

 まずはネットで似たようなことで困って解決している人がいないか検索。しかし、これといった記事に当たりませんでした。
 諦めきれず、あれこれとやって、私なりの解決方法を見つけたので、記録しておきます。

 最初に疑ったのが、ドラム音源のBFD3。

 音色データがあまりに大きいので、外付けハードディスクに置いて運用していますが、この外付けが何かに影響して上手く読み込めず、フリーズしているのでないかと疑ったのです。しかし、新規ソングを作り、BFD3でシンセトラックを作ると問題なく動作するので、どうやら犯人ではないようでした。

 ああでもないこうでもないとそうこうしているとStudio Oneがオーディオインターフェイスが無効になったから再接続するかと聞いてくるエラーが出て、急に音がでなくなりました。

 このエラー発生がヒントになり、ソングファイルが開けない原因は、オーディオインターフェイスとStudio Oneとの関係ではないかと疑えるようになりました。

 まずWindows10でオーディオインターフェイスが動作しているか確認するとちゃんと認識していました。次にStudio Oneを起動すると、先と同じくハードウェア無効のエラーが出て再接続するか聞いてきます。再接続しようと試みますが、Studio Oneは受け付けずにエラーを返してきます。

 Studio Oneは起動させたままで、何でもいいのでスタンドアロンのソフト音源を起動させ、音を出すよう試みたところ、Windows10は認識しているので、何の問題もなく音が鳴ります。この試したスタンドアロンのソフト音源を終了させ、再度Studio Oneに戻り、オーディオインターフェイスへの再接続を試みると、何と!今度はエラーが出ずに接続が完了しました。

 ひょっとして今度はソングファイルが開けるのではと試みると・・・今度はエラーなくスムーズに開くことができました。このソングファイルが開けずあれこれと2時間作業が止まってロスしてしまいましたが、前日の8時間が無駄にならなくて良かったです。

 最後に、今回のトラブルに対する解決方法と考え方なのですが、これからはStudio Oneでソングファイルが何度やっても開けなかった時は、オーディオインターフェイスをまずは疑い、Studio One側がうまく制御できていない(つまり接続がうまくいっていない)状態になっていると考えてみようと思います。接続がうまくいっていないのに、Studio One自身は自分が制御していると勘違いをしたままなので、いざソングファイルを開こうとしても処理を最後まで進められずにフリーズしていたと推察されます。

 これを解決するためには、Studio Oneからオーディオインターフェイスの接続を一度切り離してやり、接続をリセットしてやればいいので、今回の私の場合はたまたまスタンドアロンのソフトシンセを立ち上げて音を出すことで偶然引き離せたのではないかと想像されます。

 私と同じようにソングファイルが開けなくなったというトラブルは、まずオーディオインターフェイスを疑い、私と同じようにスタンドアロンのソフト音源を立ち上げて音を出してみるのもいいですし、Studio Oneのオーディオデバイス設定画面で問題のあるデバイスから別のデバイスに一度切り替え、またもとのデバイスに戻してみるというのでもいいのではないかと思います。

 このトラブルで2時間ロスはしましたが、頑張ってベースとギターを弾いた前日の8時間が無駄にならなくて良かったです。

IK Multimediaのソフトで悩む

 IK Multimediaのソフトをいろいろと使っています。Stealth Plugというハードを買って機能限定のAmplitubeを使ったのが最初の出会いで、その後Amplitubeの各シリーズを少しずつ追加購入してきました。チェックしてみるとこの15年ほどで徐々に増やして行き、Amplitube OrangeとSlash以外を所有している模様です。今ならAmplitube Maxを買えば、遙かに安く揃えられてました。まあ、IK Multimediaに限らず、宅録関係のソフトは全体的に安くなってきている印象ですが。

 IK MultimediaからDMが届き、今日20日まで期間限定でダウンロード版のMaxを安く売りますよと誘ってきます。Total Studio Maxが4万円弱で手に入る計算で、一瞬、おっ、こりゃ買いだ!と揺らいだのですが、一晩眠って今日1日考えた末、やっぱり今回は購入を見送ることにしました。


 Total Studio Maxは、AmplitubeはOrengeとSlashが追加されるメリットだけ、SampleTank3は拡張音源がすべて手に入るメリットだけ、T-Racksは、ほとんど持っていないので今回の購入メリットはそこそこあるのですが、今までWAVESもそれなりに整備しているので、宅録ですぐにすぐ必要なものが思いつかない。唯一Miroslav Philharmonik 2が持っていないものなので、購入したら今後いろいろと曲作りなどに使えるかもと、魅力を感じる訳ですが、でもよくよく考えれば、すぐにオーケストラ系の曲を作る予定もないし、そもそもオーケストラ系は楽器や演奏方法など知識がないのでソフトを揃えるよりも何より、本を読んだりCDを聞くなりして知識の蓄積の方が優先です。


 こんなことを日中あれこれ考え、たぶん今すぐにMaxは手元になくても困らないものばかりなので、今回は購入を見送ることに結論づけました。
 ソフト音源よりも今はコンデンサマイクの整備が先かな。

Amplitubeスタンドアロン不調の解消

 Amplitube4がスタンドアロンでエラーが発生し、あれこれやってみても改善せず、そうだ、Amplitube3を入れて使ってみようと思い立ちました。そしてAmpitube3をインストールしていく過程で、あることに気づきました。
 途中QuickTimeのインストールを求めてくるのですが、そういえばAmplitube4をインストールする際にこれをキャンセルしていました。特に何も考えず余分なソフトは入れまいとキャンセルしたんだと思いますが、スタンドアロンで使う場合はQuickTimeが必須のようです。Amplitube3を入れる際の英語の説明を注意深く読むとそれがわかりました。
 何てこった。
 QuickTimeの最新バージョンをインストールしてAmplitube4を起動させると・・・やっとASIOを認識してくれました。ここ数日のモヤモヤがやっと解消しました。
 ちょっとWAVを読み込んでセッションしたり、メトロノームを鳴らして練習する時なんかにこのAmplitubeは大活躍なのです。

DVDジャズベースの嗜み

 ベースギターに関する教則本やDVDを見るのが好きでちょこちょこ買っています。
 しかし、なかなか最後まで読まずに次々買ってしまって消化不良のものが溜まってきています。これはイカンと、少しずつ読み進めようと取り組んでいます。

 今取り組んでいるのは、10年以上前に買った「ジャズベースの嗜み」というDVDです。Fのブルースをとりあえず丸覚えで弾いて、何となくジャズのベースラインや雰囲気を味わってみましょうという商品です。

 映像内容を譜面にした付録が付いているので、この譜面を見ながらDVDに合わせていくような使い方をしています。2ビートで1コーラス弾く、4ビートで弾く、スピードはテンポ80で練習開始し、テンポ100まで上げていく、という感じで徐々に進めています。

 今までシャッフル系は弾き慣れていないので、スィング感覚がなかなか掴めず難しいのですが、とりあえずこのDVDは終わりまで取り組んでみようと思っています。

Amplitube4のスタンドアロンが不調

 Amplitube4を購入して使っていますが、よくやるのが、ベースやギターを練習するのにWAVファイルを読み込んで再生し、楽器を好みの音にして疑似セッションするというもの。Amplitubeはスタンドアロンで起動し、使っていく訳ですが、昨夜いつものように遊ぼうとやってみると、何故かオーディオインターフェイスがエラーで使えません。Windowsと取り合いになっているのが原因かと思ってあれこれやってみるのですが、一向に解決しない。

 プラグインとして動くかどうかStudio Oneを立ち上げてAmplitubeを読み込んでみると、何ら問題なく動作します。どうやらAmplitubeのスタンドアロンに何か問題がありそうだと見当をつけ、ソフトの削除と再インストールをやってみたり、オーディオインターフェイスのドライバを削除して再読み込みさせてみたりとあれこれやってみたのですが、1時間ほど格闘しても解決せず、昨夜は諦めました。
 Amplitubeのエラーメッセージは英語で表示されるので、自信がないもののどうやらサンプリング周波数の設定などが合っていないというエラーのようで、あれこれやったのですがダメでした。ググってもみたのですが、これといった情報にたどり着けず、ちょっと諦めムードです。
 また何か閃いて解決したら報告したいと思います。

Sadowsky Tokyo RJ4

 20代はドラムを叩き、30代に入ってからベースギターを弾くようになりました。
 最初は楽器を買うお金もなく、友人から使っていないベースギターを借りて練習していました。コツコツとお金を貯めて最初に購入したのはSadowsky TokyoのRJ4というベースギターでした。

 なぜこのモデルになったかというと楽器を貸してくれた友人が、Sadowsky TokyoのJTというベースギターを使っていて、その楽器の音が私にはとても魅力的で憧れるようになったのですが、ほどなくしてそのJTは生産が終了して入手できなくなってしまいました。JTに替わって生産されるようになったのがRJ4で、これを購入したような次第です。

 RJ4も購入前には何度か楽器屋で試奏させてもらい、ATELIER ZのM#245などと比べたりもしたのですが、私の好みの音ではなくて最終的にRJ4に決めました。

 RJ4は、入手後しばらくしてJTと同じように生産が終了しました。同時に、今度はSadowsky Tokyoブランドまでもなくなってしまい、Metrolineシリーズが展開されるようになりました。Metrolineのレギュラーモデルに対して、オーダーモデルのSadowsky TYOというのもあり、MetrolineとTYOが、かつてのSadowsky Tokyoのような立ち位置ではないかと思っています。

 このRJ4なのですが、特徴としては、Fenderの70年代ジャズベースをモチーフにしているモデルで、ピックアップの位置は70年モデルを倣っています。プリアンプはこのモデル専用品で、ハイトーンはブースト以外にカットもできるので、ローファイな音も簡単に作れたりしていろいろな現場で重宝しました。また、Sadowskyのベースは一回り小さいディンギーサイズというのが特徴のようですが、RJ4はフルサイズです。

 Sadowskyというとネックの評判が良かったのですが、実際に使ってみた感想は噂どおりだったなと感じています。使い始めてもう15年ぐらいになりますが、トラスロッドを回すことはありません。多少は動いているんでしょうが、特に弾きにくいと感じることもなく、季節や気候に関わらずトラブル知らずです。

 いい楽器なのでオーナーもあまり手放さないのか、オークションとか中古楽器サイトでもほとんど見かけません。私も死ぬまで手放さないだろうなあと思っています。
 出音のサンプルはYoutubeで「Sadowsky RJ4」のキーワードで検索するとオーナーが投稿している動画にヒットします。変に加工されている動画は少なく、楽器の特徴がよくわかる動画が多いです。興味のある方はYoutubeへ。

 

 例えば、下の動画は少しローとハイをブースとしているようですが、RJ4らしい音だと思います。

www.youtube.com

 

広告を非表示にする

DAWの使用履歴と整理

 まだMDもないカセットテープが主流の時代に生きた私は、最初の宅録というとラジカセにドラムを録音し、それを再生しながら別のラジカセでベースやギターを録音して、というようなことをやっていました。その後、カセットテープを使う4チャンネルのMTRという機材を知り、これで5、6年は遊んだと思います。このカセットMTRを使った音楽制作では、まずガイドとなるリズム楽器から録音し、それを再生しながら他の楽器を重ねていくというのが一般的だったろうと思います。最初はドラムを叩いてそれをガイドにしていましたが、なかなか生ドラムを録音するのは音量が周辺への迷惑になることからいつでもという訳にもいかず、ある時リズムマシンを購入することにしました。
 ネットなどない時代ですから容易に調べることもできず、店頭で詳しそうな店員に勧められるがまま、ローランドDR-5というのを購入しました。この機材はリズムマシンといいながら音源を内蔵していたので、ドラムに限らずベースやギター、キーボードの音も打ち込め、この機材の操作でMIDI打ち込みを覚えたような気がします。
 そして、2002年頃、ようやくパソコンで音楽制作をしようと考えるようになり、最初に購入したのがローランドのHome Studio 2002というソフトでした。説明書もわかりやすく、自分に相性のよいこのソフトに出会えたのはラッキーでした。
 数曲このソフトで多重録音をして遊び、その後、ちょうどSONAR3が登場した頃、型落ちのSONAR1をオークションで購入して使っていたのですが、2007年頃、SONAR6が出たタイミングでCubaseProtoolsSONARとどのソフトをメインに使っていこうかと考えたことがありました。
 結果としてSONAR6を導入したのですが、当時の判断としては、Cubaseは他より値段が高かったこと、Protoolsは当時の手持ちのオーディオインターフェィス(以下「IF」。)では動作しないこと、SONARの操作に慣れていることなどからSONARにしたものです。
 その後、Protools9が出た時に、ハードウエアがASIOで動作することになったというので、購入したのですが、私のWindowsパソコンと相性が悪かったのか、頻繁にフリーズして、録音作業が一向に進まず、数日でお蔵入りになりました。2011年秋のSONAR X2まではリリース毎にバージョンアップをしていったのですが、X3になるタイミングでローランドからタスカムに会社が変わってしまい、バージョンアップを見送りました。
 Plutinumになってもバージョンアップを見送っていたのですが、X2が頻繁にフリーズするようになり、お蔵入りのProtools9をProtools11にバージョンアップして、Protoolsをメインに使おうと考えたところ、実際に使ってみるとSONARでは問題なく動くソフトシンセやエフェクトが、Protoolsは数個立ち上げるだけで処理能力オーバーとなって止まってしまい、これまた作業が進まず、結局SONAR Plutinumへバージョンアップしたのでした。
 2016年はSONAR Plutinumを中心に使ってきたのですが、11月末のブラックフライデーでStudio One3が安くなっており、これを購入して現在は、Studio One3がメインになっています。
 ところで、最近Cubase8.5を触る機会があったのですが、Studio One3に比べると操作が煩雑に感じられます。Studio One3は後発のソフトのため、操作がよく考えられています。起動時間も早いし、ネットなどでもサクサク動いて軽快だという記事を目にしますが、私もそう感じます。
 以上、いろいろと使ってみた感想を整理すると、
 ProtoolsはCPUにかなりの負荷がかかる印象で、プラグインをあれこれ立ち上げてリアルタイムで処理させるのは厳しいソフトだと思います。
 Cubaseは起動時間も遅いし、操作も全体的に煩雑で、Studio Oneなら1クリックで済むことが2、3クリック求められるような印象です。
 SONARは、ProtoolsCubaseに比べると、昔から使ってきて慣れているというのがあるのですが、Studio Oneに比べるとCubaseと同様に操作が煩雑な印象です。また、画面表示がStudio Oneに比べて大きめで、表示される情報が少なく、Studio Oneに慣れると窮屈な印象です。
 11月末にStudio Oneを導入し、2ヶ月ほど触ってみた結果、私にはStudio Oneが一番相性がいい感じです。Studio OneはMIDI入力がピアノロールしかないのも、慣れてしまえば、スコア入力に比べ、音符の長さを切り替えたり、思うような位置に入力できないストレスもなく、スイスイ入力できて問題ありません。
 Notion6のバンドル版を購入したので、これのスコア入力をStudio Oneで活用する使い方も実験してみたのですが、完全にソフトが一体化しているわけではないので、Studio OneにMIDIキーボードなどからリアルタイムで入力し、後から調整する方が速いです。
 2017年はStudio One中心でいろいろと作って行きたいと考えています。

広告を非表示にする